住宅ローンで家を建てた場合の返済額の比較、

特に地方や田舎から都会に出て住み着いてしまった場合には、いちばん重要なのは住む所、住居を確保することです。 住むためには色々な条件や方法で住むことになりますが、一般的には、いきなりマイホームを持つというのはナカナカ大変なことです、

従って概ねは賃貸住宅や民間のアパートに月々の家賃を払いながら住むことになるでしょう。 その後になって、金銭的にもやや余裕ができたところで、さて、マイホームを、ということになるでしょう。

ここで、よく言われたり思案したりするところですが、マイホームを建てたり建売り住宅の持ち家の場合と、アパートでもマンションでも賃貸住宅の場合とに支払う合計の費用を比べると、どちらがお得感が有るかということです。

ネット上のアンケートなどを見てみると、どちらかと言えば「マイホームの方がチョットおトク感は有るけれど、実はそれほど変わらない」というような結論が結構多いようなのです。

ただ、金銭的な比較ということになると、比較対象となるのは月々の家賃の支払いと主に住宅ローンの月々の支払いが比較ということになるでしょう。 しかし、此れはナンセンスで、ローンというのは其の年の金利によって、返済額というのは大幅に変化してしまうからです。

住宅ローンといえば、特に金利においては現在の時代が最も低い状態有るのであり、従って、強いて言うなら今が住宅、持ち家を実行するには絶好の時期でも有るのです。