注文住宅メーカー探しの際、数々のモデルハウスを訪れました。ほとんどの場合は、住宅メーカーは最新のモデルハウスを建築しています。家づくりも時代と共に、素材やデザイン性などが結構違ってくるものです。

あるローコスト住宅メーカーの本社に訪れたところ、3棟のモデルハウスの内、1棟が築10年以上経った家でした。綺麗に清掃されていますので、汚れなどから古さはありませんでした。しかし窓の形など、一昔前に流行った感じで、デザイン的に古いなと思うところがありました。

実際、メーカーとの打ち合わせの最中でも、「今はドアを白くしてスッキリ感を出すのが流行りです。」と言われたり、流行を勧められることも多くありました。服を選ぶのも同じですが、流行に合わせた最新モデルをチョイスするのもよし、馴染み深い自分好みのモデルを選ぶのもよし、好みの問題かなと思いました。

結局私達は、最新の流行モデルを選んだ部分もありますし、流行関係なく好み合わせて選んだ部分もあります。全体的なイメージがどうなるかを想像しながら、上手く流行を取り入れていくといい感じになると考えました。必ずしも流行に合わせる必要はなく、希望や好みに合わせた家づくりが大切だと感じました。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室